まさかの敗退…前回大会王者ドイツ代表が謝罪「皆が落胆している」

まさかの敗退…前回大会王者ドイツ代表が謝罪「皆が落胆している」

まさかの敗退を喫してしまったドイツ代表 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシアでのグループステージ敗退を受け、28日、ドイツ代表は公式ツイッターで謝罪の意を示した。

 ドイツ代表は27日、グループステージ第3節で韓国代表と対戦。同時刻キックオフの一戦でスウェーデン代表がメキシコ代表を3−0で破ったため、勝利を収めれば決勝トーナメント進出を決めることができる状況にあったが、終盤の2失点で0−2と敗戦。グループFの最下位に転落し、史上初のグループステージ敗退が決定した。

「ファン同様に、皆が敗退に落胆しています。前回大会の王者としてプレーすることができなかったことを後悔していて、つらいことですが、私たちは敗退に値していました」

 また、応援してくれたファンに感謝の気持ちを伝えるとともに「メキシコとスウェーデンのベスト16進出、韓国の勝利を祝福します。ロシアでのもてなしに感謝しています」とエールを送った。

関連記事(外部サイト)