本田、スタメン情報漏洩のメディアに苦言「もう少し考えてください」

【FIFAワールドカップロシア】本田圭佑がスタメン情報漏洩のメディアに苦言

記事まとめ

  • FIFAワールドカップロシアでサッカー日本代表は、決勝トーナメント進出を決めた
  • 西野朗監督はスタメン6人を変更、公式発表前に「スタメン6人入れ替え」と報じられた
  • 本田圭佑は情報漏洩のメディアに「もうちょっと考えてください」とツイッターで苦言

本田、スタメン情報漏洩のメディアに苦言「もう少し考えてください」

本田、スタメン情報漏洩のメディアに苦言「もう少し考えてください」

本田圭佑がメディアに対して苦言を呈した [写真]=Getty Images

 本田圭佑が日本のメディアに対して苦言を呈した。

 日本代表は28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦でポーランド代表と対戦。0−1で敗れたものの、フェアプレーポイントの差でグループ2位となり、決勝トーナメント進出を決めた。

 西野朗監督はこの試合で、第2戦からスタメン6人を変更した。グループステージ突破がかかった大一番での大胆な決断は大きな驚きだったが、一部メディアでは公式発表前の時点で「スタメン6人入れ替え」と報じていた。

 試合2日前から冒頭15分以降を非公開としてトレーニングしていたのにもかかわらず情報が漏洩したことについて、本田はポーランド戦後に自身のTwitter(@kskgroup2017)を更新。以下のように苦言を呈した。

「メディアの皆さん。ポーランド戦前にスタメンを公表してたけど、練習は非公開やったわけで。。。真実の追求するポイントがいつもズレてるよ。選手達も普段、後ろにファンがいるからと思って喋ってるんやから、もうちょっと考えてください」

関連記事(外部サイト)