フェライニ、マンU残留決定…新たに2年契約を締結「ここでとても幸せ」

フェライニ、マンU残留決定…新たに2年契約を締結「ここでとても幸せ」

マンチェスター・Uと新契約を締結したフェライニ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは29日、ベルギー代表MFマルアン・フェライニと2020年6月までの新契約を締結したと発表した。さらに1年の延長オプションが盛り込まれていることも、併せて発表されている。

 2013年夏からマンチェスター・Uでプレーしているフェライニの契約は今シーズン限りとなっており、去就に注目が集まっていた。5月20日付の大手メディア『ESPN』は、同選手に対してミランをはじめとする複数クラブが関心を示していると報道。中国やトルコのクラブも新天地候補として挙げられていた。

 しかし今回、新たに2年契約を締結することが発表された。マンチェスター・U残留が決まったフェライニは「このクラブの選手として旅を続けることができる。嬉しく思っているよ。私はここでとても幸せで、だからこの決断を下した。ジョゼ(モウリーニョ監督)のチームはまだ、獲得したいものを多く残していると思う」と、喜びと抱負を語っている。

 フェライニは1987年生まれの30歳。2013年夏にエヴァートンからマンチェスター・Uへ加入した。今シーズンは度重なる負傷にも苦しみ、プレミアリーグ全38試合中16試合出場(先発は5試合のみ)にとどまった(4得点)。現在はベルギー代表の一員として、2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場している。

関連記事(外部サイト)