長友が“スタメン漏洩問題”に言及「ちょっとした情報も命取りになりかねない」

【ロシアW杯】長友佑都が"スタメン漏洩問題"で報道陣に懇願 本田圭佑はTwitterで苦言

記事まとめ

  • 日本代表はポーランド戦で長谷部誠や香川真司を先発から外し、酒井高徳を2列目で起用
  • 日本代表は決勝Tに進出、本田圭佑はスタメンが“的中”した事にTwitterで苦言を呈した
  • 長友佑都は“スタメン漏洩問題”に言及し、「力を借してほしい」と報道陣に対して懇願

長友が“スタメン漏洩問題”に言及「ちょっとした情報も命取りになりかねない」

長友が“スタメン漏洩問題”に言及「ちょっとした情報も命取りになりかねない」

今回の報道に対して口を開いた長友佑都 [写真]=Getty Images

 2大会ぶり3度目の決勝トーナメントに駒を進めた日本代表は29日、キャンプ地のカザンで練習を実施した。

 29日に行われたポーランド代表戦では、長谷部誠や香川真司らをスタメンから外し、酒井高徳を2列目で起用するなど大幅にメンバーを変更。グループステージ突破がかかった大一番での大胆な決断は大きな驚きだったが、一部メディアでは公式発表前の時点で「スタメン6人入れ替え」と報道。スタメンが“的中”したことに対し、本田圭佑は自身のTwitterで苦言を呈した。

「メディアの皆さん。ポーランド戦前にスタメンを公表してたけど、練習は非公開やったわけで。。。真実の追求するポイントがいつもズレてるよ。選手達も普段、後ろにファンがいるからと思って喋ってるんやから、もうちょっと考えてください」

 長友佑都は練習後、今回の報道に対して「どこから漏れたのか、どこから見ていたのかは分からないですが、一緒に戦う日本人として選手全員がすごく残念な気持ちになりました」と言及。「ちょっとした情報も命取りになりかねない。スタメンだけではなくて、(セネガル戦の)オフサイドトラップがもし漏れて相手が知っていたら失点につながっていたと思うんですよね」と訴えた。

「ブラジルW杯が終わってからの4年間、このロシアW杯に全てのエネルギーをかけ、覚悟を持ってやってきました。この期間だけでいいので、同じ日本人として、同じ仲間として僕たちに力を借してほしい」と報道陣に対して懇願した。

関連記事(外部サイト)