「非常に心配」コロンビア代表指揮官、負傷疑惑のハメスの状態に言及

「非常に心配」コロンビア代表指揮官、負傷疑惑のハメスの状態に言及

負傷疑惑のハメス・ロドリゲス [写真]=Getty Images

 コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督はハメス・ロドリゲスの状態について「非常に心配」とコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が29日に伝えている。

 ハメスは2018 FIFA ワールドカップ ロシア開催直前の練習で左足ふくらはぎを負傷。初戦の日本戦は途中出場していた。その後のポーランド戦では万全な調子をみせ、1アシストを記録していたが、28日のグループステージ最終節セネガル戦では31分に途中交代。負傷の再発疑惑が報じられている。ペケルマン監督はメディアに対し同選手の状態について明かした。

「私は(ハメスの状態について)非常に心配している。チームにとっては非常に厳しい状況だ。それ以上は話したくないよ。チームにとって快適な状況にはなっていない」

「セネガル戦前は普通に練習していた。練習後はフリーキックとペナルティキックの練習もしていたんだ。彼は完全にフィットしていたよ。今彼がどんな状態か正確にはわからない。良いニュースを届けられることを願っている」

関連記事(外部サイト)