“叩きのめす”風習に苦言…吉田、川島を擁護「日本人で唯一欧州のGK」

【ロシアW杯】DF吉田麻也がセネガル戦でミスのGK川島永嗣を擁護 日本の風習には苦言

記事まとめ

  • 日本代表のDF吉田麻也が、ポーランド戦後の30日、GK川島永嗣について言及した
  • 吉田はTwitterで、“叩きのめす”日本の風習に苦言を呈しつつ、川島を擁護した
  • 吉田は「子どもらに見てほしいのは仲間が苦しんでいる時いかに助け合えるか」と語った

“叩きのめす”風習に苦言…吉田、川島を擁護「日本人で唯一欧州のGK」

“叩きのめす”風習に苦言…吉田、川島を擁護「日本人で唯一欧州のGK」

日本の守備を担う両選手 [写真]=Getty Images

 ロシアワールドカップ・グループリーグH組第3節のポーランド戦後の30日、日本代表のDF吉田麻也がチームをとりまく状況や同代表のGK川島永嗣について言及した。

 28日、日本代表は、ポーランドを相手に0−1と敗戦を喫したものの、紙一重の差で決勝トーナメント進出を決めた。

 ここまでグループステージ3試合全てで失点を喫しているが、それでも次のステージへと駒を進めた背景にはDFの吉田やGKの川島の大きな貢献がある。一方で、セネガル戦での川島のミスについてはSNSなどで厳しい声が上がっていた。

 これについて吉田は30日、自身のTwitterを更新。“叩きのめす”日本の風習に苦言を呈しつつ、川島を擁護した。

「ミスした者をこれでもかと叩きのめす悪しき風潮が蔓延しているこの国で、子どもらに本当に見てほしいのはチームスポーツで仲間が苦しんでいる時いかに助け合えるか、そして1人の選手が批判や重圧から逃げずに立ち向かう姿勢。そこに何故、日本人で唯一欧州でGKとしてプレー出来ているかが隠されている」

 日本代表は7月2日に決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)