ウルグアイ代表監督、C・ロナウドを警戒「チームの努力が必要だ」

ウルグアイ代表監督、C・ロナウドを警戒「チームの努力が必要だ」

タバレス監督はクリスティアーノ・ロナウドを警戒 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア、決勝トーナメント1回戦でポルトガル代表と対戦するウルグアイ代表。同代表監督オスカル・タバレス監督はクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)を警戒している。29日、スペイン紙『アス』が報じた。

 タバレス監督は「ポルトガル代表はクリスティアーノ・ロナウドだけのチームではない。しかし、彼を止めるにはチーム全員の努力が必要だ」と、今大会4得点のポルトガル代表キャプテンを注意。

 その一方「私は彼が世界で最高のストライカーの一人であると思っている」とレアル・マドリードFWを称賛している。さらに、「彼がトップレベルにあるのは彼がチームの良きリーダーであるからだ」とキャプテンとしての素質にも言及した。

 強力なFW陣を擁する両代表は30日に対戦。タバレス監督は「良い試合になるだろう。しかし、集中しなければこの試合に勝つのは困難だ」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)