マルティネス監督、ヤヌザイのゴールを喜べなかった…ある珍事が理由

マルティネス監督、ヤヌザイのゴールを喜べなかった…ある珍事が理由

マルティネス監督(右)とゴールを決めたヤヌザイ(中央)[写真]=Getty Images

 ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は、2018 FIFA ワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦でMFアドナン・ヤヌザイが先制点を決めた時、すぐには喜べなかったという。

 ベルギー代表はグループステージ最終戦を1−0の勝利で飾り、グループ首位通過となった。決勝点を決めたヤヌザイがゴールを決めた後、ゴールパフォーマンス中に珍事が起きていた。

 共に試合に出ていたFWミシー・バチュアイが、ゴールに入ったボールを拾いドロップキックをしようとした。しかし、その蹴ったボールはポストにあたり自身の顔面に直撃したのだ。

 マルティネス監督は、この珍事について次のように語った。

「私もゴールを祝福しようとしていたが、ミシー・バチュアイの様子に驚かされた。バチュアイが倒れているのが見えてすぐに心配になった。本当に痛めたようだったのでゴールを祝えなくなった。あの瞬間は複雑な思いだった」

 ベルギー代表はベスト16で日本代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)