自身の成長を感じるも、満足しない柴崎岳「GS突破は最低限のノルマ」

自身の成長を感じるも、満足しない柴崎岳「GS突破は最低限のノルマ」

自身の成長を語る柴崎 [写真]=AMA/Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシアを通じて日本代表の主力になった柴崎岳が、自身の成長を語っている。

「大会前には、今こうなっているってイメージは全くなかったです。サッカー選手として成長したいことと、結果に貢献したいってことの2つを常に持っていることが、今に繋がっているかなと思います」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下では、レギュラーとしてプレーする以前に、ケガの影響もあり招集されることも決して多くなかった。しかし、西野朗監督が就任して以降は状況が激変。親善試合でチャンスを掴むと、本大会ではグループステージ全試合に先発出場を果たし、決勝トーナメント進出に貢献した。しかし、本人はまだまだ満足していない様子だ。

「僕の中でグループステージ突破っていうのは最低限のノルマでもありました。(ベスト16進出が)決まった時もあんまり喜びを感じることはなかったですし。むしろ、これからレベルの高い舞台に対してモチベーションが上がっているという段階です。新しい歴史の一部になれればいいかなって思います」

「自分のプレーが研ぎ澄まされているか」と問われると、少し悩んだ末に「その表現は的を射ていると思います」と、大会中に成長を感じられていると語った。

「自分の中での集中力と注意力は最大限になっているので、試合中の中で成長できているって感じるのはそこから来ているかな。W杯っていう世界最高峰の戦いでしか経験できないことだと思いますし、自分にとっていい刺激を感じているところですね」

関連記事(外部サイト)