「今話す時ではない」C・ロナウド、今後の代表について口閉ざす

「今話す時ではない」C・ロナウド、今後の代表について口閉ざす

代表でのキャリアについては多くを語らなかったクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images

 ポルトガル代表のエースであり、主将のクリスティアーノ・ロナウドが、今後の代表でのプレーについて問われると、口を閉ざした。

 30日、2018 FIFA ワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が行われ、ポルトガル代表はウルグアイ代表に1−2で敗れた。惜しくもベスト16で大会から姿を消すことになっている。

 次のカタールでのW杯のときには37歳になっているC・ロナウド。33歳で迎えた今回のロシアワールドカップでの代表引退の可能性がささやかれている。試合後、インタビューに応じたC・ロナウドは代表でのキャリアを続けるかについては明言せず。チームへの信頼だけを話した。

「今は将来について話すときではない。僕らは素晴らしいチームだ。若く、野心にあふれているから、これからも強いチームであり続けられると思う」

 なお、ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督は、C・ロナウドに「代表でのプレーを続けてほしい」と試合後にコメントを残している。

関連記事(外部サイト)