ロシア守護神アキンフェエフがMOM! スペイン撃破で48年ぶりの8強進出貢献

ロシア守護神アキンフェエフがMOM! スペイン撃破で48年ぶりの8強進出貢献

PK戦の活躍などで勝利に貢献したアキンフェエフ [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。試合中にも好セーブを披露し、PK戦でも2人止めたロシア代表GKイゴール・アキンフェエフを選出した。

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が7月1日に行われ、スペイン代表とロシア代表が対戦した。

 ロシアは前半12分、セットプレーからオウンゴールで失点したものの、41分にはアルテム・ジュバがPKをゴール右隅に決めて同点に追いつく。85分には、途中出場のアンドレス・イニエスタのシュートをアキンフェエフが好セーブで阻むなど、試合は1−1のまま今大会初の延長戦に入った。

 しかし、そこでもスコアは動かず、勝負の行方は今大会初のPK戦に委ねられた。アキンフェエフは、3人目のキッカーのコケと、5人目のイアゴ・アスパスを止めるなど勝利に大きく貢献した。

 PK戦を4−3で制したロシアは、ソビエト連邦時代以来となる48年ぶりのベスト8入りを果たし、7月7日にクロアチア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)