西野監督、悔しさにじませ「何が足りないんでしょうね」

西野監督、悔しさにじませ「何が足りないんでしょうね」

西野監督"何が足りないのか"

西野監督、悔しさにじませ「何が足りないんでしょうね」

悔しさをにじませた西野監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦した日本は、2−3で敗北した。試合後、西野朗監督が試合を振り返った。

 なかなかインタビューエリアに来れなかった西野監督は、試合後にどんなことを考えていたか尋ねられると、少し沈黙した後に「W杯の怖いところです」と応えた。

「追い詰めましたけど……。何が足りないんでしょうね」

 2ゴールを先行したものの、3点を奪われて敗戦してしまった。「ゲームをコントロールできた時間帯もあった」と語ったものの、強豪国の強さを目の当たりにした。

「2点とった後もオフェンシブには戦えていましたし、3点目を取れるチャンスはありました。でも、本気のベルギーがそこにありました」

「(日本代表を)激変させたいと思っていましたし、選手もそういう中で1日、1試合ずつW杯で勝負をするためにいい準備をしてくれた。この壁は厚いのかもしれないですね」

関連記事(外部サイト)