英メディア、MOMにDF吉田を選出! 「日本の忍耐強さを体現した」

英メディア、MOMにDF吉田を選出! 「日本の忍耐強さを体現した」

ベルギー戦でハイレベルなディフェンスをみせた吉田麻也 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が7月2日に行われ、日本代表はベルギー代表に2−3で敗れた。イギリスメディア『スカイスポーツ』は試合後、出場選手への採点を発表。日本のディフェンスを統率し、何度も身体を投げ出しシュートを防ぎ、日本代表を助けたDF吉田麻也がマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

 日本は前半から吉田を中心に集中したディフェンスをみせ、前半を無失点で終える。そして48分にMF原口元気が先制点を挙げると、52分に乾がベルギーを突き放す2点目を決めた。しかし、69分にベルギー代表DFヤン・フェルトンゲンにゴールを許すと、74分には同点にされ、後半アディショナルタイムには逆転を許した。

 同メディアは出場全選手への採点を発表。吉田には最高得点の「8」が与えられ、MOMに選出された。また、日本の選手の多くに「7」という高得点が与えられている。一方のベルギーは、主将アザールらが「7」。最低点はヤニック・フェレイラ・カラスコで「4」となっている。

 MOMに選出した吉田について同メディアは次のように称賛している。

「吉田はロスタフ・アリーナで90分間(ロメル・)ルカクを抑え続け、称賛されるべき日本の忍耐強さを体現した。ルカクがいつもの力強いプレーを続けることができなかったのは、吉田が彼にスペースを許さなかったから」

「ベルギーの爆発的な攻撃において、圧倒的なパフォーマンスをみせ、何度も身体を投げ出したのは29歳の吉田だった」

関連記事(外部サイト)