アトレティコ主将ガビ、カタール移籍が決定…アル・サッドと2年契約

アトレティコ主将ガビ、カタール移籍が決定…アル・サッドと2年契約

アル・サッド移籍が決まったMFガビ [写真]=Getty Images

 カタール・スターズリーグのアル・サッドは7月2日、アトレティコ・マドリードに所属するスペイン人MFガビが完全移籍で加入することが決まったと発表した。契約期間は2年間で、1年の延長オプションも付随している。

 アル・サッドは2日、ガビがドーハの空港に到着したことを発表していた。メディカルチェックを通過し、交渉を完了して移籍発表に至った。アル・サッド加入にあたり、同選手は「深く考えて、カタールでプレーする決定を下した。スペインで長い期間、プレーしてきたからね。新しいクラブでの新しい経験を楽しみにしているよ。素晴らしいものになると確信している」とコメントしている。

 ガビは1983年生まれの34歳。アトレティコ・マドリードの下部組織出身で、2004−2005シーズンはヘタフェへのレンタル移籍を経験した。アトレティコ・マドリードへ復帰した後、2007年夏にはサラゴサへ完全移籍で加入。4シーズンに渡って同クラブでプレーした後、2011年夏にアトレティコ・マドリードへ復帰した。以後はキャプテンを務め、2013−14シーズンのリーガ・エスパニョーラ制覇など、タイトル獲得に貢献。2017−18シーズンの締めくくりとなったヨーロッパリーグ決勝では終了間際にダメ押しの3点目を決め、優勝に花を添えた。

 なお、アル・サッドは元スペイン代表MFシャビが所属し、6月28日にはヴィッセル神戸から韓国代表MFチョン・ウヨンを獲得したことを発表している。

関連記事(外部サイト)