W杯を総括する長友佑都…一番苦しかったのは「頭皮でしょ(笑)」

【ロシアW杯】日本代表DF長友佑都、4年後のW杯出場に意欲 一番苦しかったのは頭皮

記事まとめ

  • 長友佑都が2018 FIFAワールドカップ ロシアを振り返り、「やりきりましたね」と語った
  • 本田圭佑は4年後のW杯を目指さないと宣言したが長友は4年後家族に勇姿を見せたいそう
  • 長友は一番苦しかったことは頭皮で「金髪なんかしたくなかったし早く戻したい」という

W杯を総括する長友佑都…一番苦しかったのは「頭皮でしょ(笑)」

W杯を総括する長友佑都…一番苦しかったのは「頭皮でしょ(笑)」

3度目のW杯を総括する長友 [写真]=AMA/Getty Images

 激闘のベルギー戦から一夜明け、長友佑都が2018 FIFAワールドカップ ロシアを振り返った。

「やっぱり負けてしまったことに関しては、悔しさは出てきますね。けどスッキリしてます。自分にできることは全てやったかなと。負けたことは悔しいですけど、やりきりましたね」

 2014年のブラジル大会では苦渋を舐めたが、4年間で成長したものがあった。長友はそれを「対応力」だと分析している。

「どんな状況でも、一人ひとりが対応をした。その対応力を、経験のある選手はもちろん、若い選手もしっかりしてくれました。彼らを見ていて誇らしかったです」

「一番すごいなって思ったのは、試合に出れなかった選手たちが、気持ちをピッチに持ってきてくれたことですね。ピッチに立てない悔しさを押し殺してまで、気持ちを一つにしてくれた。それはなかなかできることじゃないし、自分が逆だったらって考えると心が痛いです」

 盟友である本田圭佑は4年後のW杯を目指さないと宣言したが、長友は「家族との約束がある」と、すでに次の本大会を見据えている。

「自分を必要としてくれているなら力になりたい。今回は子供が小さくて家族を連れてこれなかったんで、どうにか4年後は家族を連れてきて、勇姿を見せたいなという気持ちもあります。妻もなんでもサポートしてくれると言ってくれたので、家族のために頑張ります」

 最後に、合宿から本大会までで一番苦しかったことを聞かれると、「自分の頭皮でしょ(笑)」とその場にいた人たちを笑わせた。

「金髪なんかしたくなかったし、早く戻したいですね(笑)。戻したいけど、黒髪にするのも髪が傷むんでしょ? これ剃らなきゃいけないのかなって思います」

関連記事(外部サイト)