母国で死亡事故に関与も…モロッコ代表MFアリはシャルケに合流予定

母国で死亡事故に関与も…モロッコ代表MFアリはシャルケに合流予定

モロッコ代表でプレーするアミーヌ・アリ [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシアにモロッコ代表として出場した後に母国で死亡事故を起こしたMFアミーヌ・アリは、所属するシャルケに合流できる見通しだという。4日にドイツ紙『kicker』日本語版が報じた。

 アリはモロッコのマラケシュで自動車事故を起こし、28歳男性の死亡に関与した。マラケシュの当局は過失致死の容疑で調査中だ。

 シャルケのマネージャーを務めるクリスティアン・ハイデル氏は事故に関する取材に対し、アリにパスポートと免許証が返還されたことを認めたという。同時に「もう少しモロッコで過ごすことになる」ともコメントしており、現在シャルケが行っている中国ツアーには参加せず、オーストラリアでのトレーニングキャンプから合流する見通しとなっている。

関連記事(外部サイト)