【ロシアW杯】ベルギー戦でゴールを決めた原口元気が4年間取り組んできた"走り改革"

記事まとめ

  • 原口元気のベルギー戦のゴールは4年間の“走り改革”のすべてが凝縮されていたという
  • 原口はバテないプレー求めアテネ五輪で日本記録樹立した筑波大学の谷川聡准教授を訪問
  • 最初に手をつけたのは「走る」ではなく「止まる」、それが先制点の場面で発揮とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております