ベスト16敗退のコロンビア代表、ペケルマン監督が退任へ…前大会は8強に導く

ベスト16敗退のコロンビア代表、ペケルマン監督が退任へ…前大会は8強に導く

6年間コロンビア代表を率いてきたホセ・ペケルマン監督 [写真]=Getty Images

 コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督が退任するようだ。イギリスメディア『ミラー』などが4日に報じている。

 ペケルマン監督は現在68歳。6年前から同代表の指揮官を務めると、4年前のブラジル大会はチームをベスト8に導いた。今回のロシア大会ではイングランドにPK戦で敗れ、ベスト16で敗退している。なお、日本代表とはグループリーグで2大会連続で対戦していた。

 同メディアによると、後任にはペルー代表のリカルド・ガレカ監督と、メキシコのフアン・カルロス・オソリア監督が候補として挙げられているようだ。

関連記事(外部サイト)