ベルギー代表監督、ブラジル戦に意気込み「出来るだけの準備はした」

ベルギー代表監督、ブラジル戦に意気込み「出来るだけの準備はした」

ブラジル戦に向けて意気込みを語ったマルティネス監督 [写真]=Getty Images

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、2018 FIFAワールドカップ ロシアの準々決勝、ブラジル代表戦に向けて意気込みを語った。5日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 優勝候補に挙げられているベルギーだが、今まで大きな大会で一つもタイトルを獲ったことがない。一方のブラジルはこれまで史上最多の5度、W杯を制覇している。このことについてマルティネス監督は「両チームのクオリティーは非常に似ている。違いは、我々がまだW杯優勝をしたことがないというだけだ」とその差を認めている。

 また、マルティネス監督は、エデン・アザールやロメル・ルカク、ケヴィン・デ・ブライネ、ティボー・クルトワら黄金世代と呼ばれている選手たちが、ブラジル戦を待ち遠しく思っていることを明かし、同試合に向けて意気込みを語った。

「彼らは試合が待ちきれないと言っていた。このチームが特別な何かを持っているということに疑いの余地はない。ポジティブな状況だと思うし、本当の欲求はピッチの上で見えるものだ。我々も試合が待ち遠しい。出来るだけの準備はしてきたと思う。これまでの2年間はこの時のために努力をしてきたんだ」

関連記事(外部サイト)