広島DF高橋壮也、岡山へ期限付き移籍「自分らしく頑張っていきたい」

広島DF高橋壮也、岡山へ期限付き移籍「自分らしく頑張っていきたい」

岡山へ期限付き移籍が決まった高橋壮也 [写真]=J.LEAGUE

 サンフレッチェ広島に所属するDF高橋壮也が、ファジアーノ岡山へ期限付き移籍で加入することが決まった。10日に両クラブが発表した。移籍期間は2018年7月12日から2019年1月31日までで、背番号は「39」。

 同選手は1996年生まれの現在22歳。立正大淞南高等学校から2014年に広島へ加入した。昨季は明治安田生命J1リーグで、自己最多となる21試合に出場を果たすも、今シーズンはここまでリーグ戦の出場はなかった。

 期限付き移籍にあたり、高橋は広島に対して以下のようにコメントしている。

「このたびの豪雨で被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。サンフレッチェ広島に加入してからの4年半、お世話になりました。今年はなかなかチームの力になれませんでしたが、J1で優勝することを願っています。ファジアーノ岡山では自分らしく頑張ってきたいと思います。今後とも応援をよろしくお願いします」

 そして加入する岡山には以下のようにメッセージを寄せている。

「はじめまして、サンフレッチェ広島から加入した高橋壮也です。このたびの大雨の被害に遭われた岡山の皆さまへ、お見舞い申し上げます。これから、ファジアーノ岡山のJ1昇格に貢献できるように精一杯走ります。応援をよろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)