富山の遠藤敬佑、藤枝へ完全移籍…昨季以来の復帰「全力でプレーします」

富山の遠藤敬佑、藤枝へ完全移籍…昨季以来の復帰「全力でプレーします」

昨季まで藤枝MYFCでプレーしていた遠藤敬佑 [写真]=Getty Images

 カターレ富山に所属するFW遠藤敬佑が、藤枝MYFCへ完全移籍で加入することが決まった。10日に両クラブが発表した。

 遠藤は1989年生まれの29歳。ジェフユナイテッド千葉ユース出身で、2008年に水戸ホーリーホックへ加入した。2012年にはザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)へ移籍し、2014年からはFC町田ゼルビアでプレー。2016年に藤枝に加入し、昨季まで所属した。そして今季、富山へ移籍。明治安田生命J3リーグでは8試合出場2得点、天皇杯1試合出場を記録した。

 キャリア通算では明治安田生命J2リーグで195試合出場11得点、明治安田生命J3リーグで102試合出場26得点を記録している遠藤。完全移籍にあたり、富山のクラブ公式HPにて以下のようにコメントしている。

「半年という短い期間でしたが、練習会場や試合会場で声を掛け熱い声援をいただいたこと忘れません。カターレ富山の優勝、J2昇格これからの発展を心より応援しています。本当にありがとうございました」

 そして、昨季以来の復帰が決まった藤枝には以下のようにメッセージを寄せている。

「もう一度チャンスをいただけたことに感謝し、自分が何をすべきかしっかりと考え、藤枝の勝利・発展のために全力でプレーします」

関連記事(外部サイト)