PSGがデンベレに関心も、バルサは売却を固辞…指揮官はチーム内競争に期待

PSGがデンベレに関心も、バルサは売却を固辞…指揮官はチーム内競争に期待

PSGが関心を持っているデンベレ [写真]=Quality Sport Images/Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)が、バルセロナに所属するフランス代表MFウスマン・デンベレに関心を強めている模様だ。大手メディア『ESPN』が9日に報じている。

 デンベレは咋夏にドルトムントから1億500万ユーロ(約136億円)の移籍金でバルセロナへ加入。しかし、昨シーズンは負傷に泣かされることも多く、リーガ・エスパニョーラでは17試合出場3得点という成績に終わっていた。バルセロナは今夏、U−20ブラジル代表FWマルコムをボルドーから獲得。同じサイドアタッカーのマルコムを獲得したことで、デンベレはクラブから信頼されていないと感じるようになり、今夏のバルセロナ退団を考えているのではないかと報じられていた。そして、今回の報道ではPSGが獲得に向けて動き出しているという。

 しかし、バルセロナ側にデンベレ売却の意思はないようだ。バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督はデンベレについて「彼は素晴らしい選手だ。昨シーズンは負傷することが多かったが、それでも私たちに多くをもたらしてくれた」とコメント。さらに、デンベレとマルコムを競わせることでチームとしての成長を願っていると明かした。

「重要なことはチーム内に競争があるということだ。シーズン中は多くの試合があり、全ての試合を限られた11人のメンバーで戦うことは不可能だ」
 

関連記事(外部サイト)