元ブラジル代表ロナウド氏が緊急入院…休暇中にイビサ島で肺炎にかかる

元ブラジル代表・ロナウド氏が肺炎で病院に搬送 休暇中の出来事で13日には退院見込み

記事まとめ

  • 元ブラジル代表のロナウド氏がイビサ島での休暇中に病院に搬送されたと、英BBCが報道
  • ロナウド氏は肺炎にかかったようで、自身公式Twitterに13日には退院見込みとツイート
  • マンUでプレーしていた元英代表リオ・ファーディナンド氏はTwitterに心配するツイート

元ブラジル代表ロナウド氏が緊急入院…休暇中にイビサ島で肺炎にかかる

元ブラジル代表ロナウド氏が緊急入院…休暇中にイビサ島で肺炎にかかる

肺炎で入院しているロナウド氏 [写真]=Getty Images

 元ブラジル代表ロナウド氏がイビサ島での休暇中に病院に搬送された。12日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ロナウド氏は、肺炎にかかってしまい、現在入院して治療を受けているようだ。自身の公式ツイッターでは、10日に病気にかかってしまったが、13日には退院できる見込みだとツイートしている。

 また、かつてマンチェスター・Uでプレーしていた元イングランド代表のリオ・ファーディナンド氏は「たったいまニュースで知った。あなたの無事を祈っています、どうか早く治りますように」と自身の公式ツイッターに投稿した。

関連記事(外部サイト)