クロップ監督、プレミアデビューのケイタを称賛「本当に優れている」

クロップ監督、プレミアデビューのケイタを称賛「本当に優れている」

デビュー戦で先発フル出場したナビ・ケイタ [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、プレミアリーグデビューを果たしたギニア代表MFナビ・ケイタを称賛した。イギリス誌『FourFourTwo』が13日に報じている。

 12日に行われたプレミアリーグ第1節、リヴァプールはウェストハムと対戦し、4−0で快勝した。今夏新加入のケイタはこの試合にフル出場して攻守に貢献。

 試合後の会見でクロップ監督はケイタについて言及し、「明らかに良いパフォーマンスだった。ナビは本当に優れたフットボーラーだから、チームに入った頃から既に馴染んでいた」と絶賛した。

 今後の起用法については、「ナビは中盤のどのポジションもこなせる。でも今のところ、“8番”のポジションが最高にフィットしていると思う」と中盤の攻撃的なポジションでの起用を示唆した。

 また、同監督は選手たちが切磋琢磨していることに喜びを見せている。「ナビは周りの選手たちから多くのものを学び得ている。サディオ(マネ)が、ジニ(ジョルジニオ・ワイナルドゥム)やミリー(ジェイムズ・ミルナー)からハードワークさを学んでいるようにね。我々が期待していたことはこういうことだ」

 現在23歳のケイタは、約5300万ポンド(約75億円)でライプツィヒからリヴァプールに加入。1年前倒しで契約を発表するなど、リヴァプールは同選手の獲得を熱望していた。昨シーズンは公式戦39試合に出場して9得点を記録した。

関連記事(外部サイト)