山口、札幌MFジュリーニョを期限付き移籍で獲得…今季J1で2得点

山口、札幌MFジュリーニョを期限付き移籍で獲得…今季J1で2得点

レノファ山口FCへの加入が決定したジュリーニョ [写真]=Getty Images

 レノファ山口FCは13日、北海道コンサドーレ札幌からブラジル人MFジュリーニョを期限付き移籍で獲得したと発表した。移籍期間は2019年1月1にまでとなり、札幌と対戦するすべての公式戦には出場できない。なお、背番号「8」と発表されている。

 ジュリーニョは加入に際して、山口の公式サイト上でコメントを発表している。

「北海道コンサドーレ札幌より加入することになりましたジュリーニョです。北海道コンサドーレ札幌で経験した、J2優勝、J1残留の経験を生かし、レノファ山口FCが今シーズンJ1へ昇格できるように全力で戦います。応援宜しくお願いします!」

 現在32歳のジュリーニョは、2016年にコンサドーレ札幌へ加入。同年の明治安田J2リーグでは34試合の出場で、12得点を記録し、優勝に大きく貢献した。昨シーズンの明治安田生命J1リーグでも開幕から10試合に出場していたが、6月のトレーニング中に右アキレス腱を断裂。外国人枠を開けるために、契約を残したまま選手登録を抹消されていた。負傷が癒えた今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、2試合の出場で2得点を記録している。

関連記事(外部サイト)