ケイタ・バルデ、インテルへレンタル移籍「ファンをハッピーにしたい」

ケイタ・バルデ、インテルへレンタル移籍「ファンをハッピーにしたい」

インテルへのレンタル移籍が決定したケイタ・バルデ [写真]=Getty Images

 インテルは14日、モナコからセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオをレンタル移籍で獲得したことを発表した。

 現在23歳のケイタ・バルデは昨シーズンからモナコでプレー。足の速さと得意のドリブルを活かして公式戦33試合に出場して8得点を記録した。また、既にセリエA経験もあり、4年間在籍したラツィオで公式戦通算137試合に出場。今夏、2018 FIFAワールドカップ ロシアではセネガル代表としてコロンビア代表戦に先発出場を果たした。

 同選手は公式サイトで以下のようにコメントした。

「インテル・ファミリーと共にこの場にいることをとても嬉しく思う。ファンをハッピーにするために全力を尽くすよ」

「マウロ(イカルディ)とはバルセロナの下部組織で一緒だった。彼のことは子どもの頃から知っているし、監督とも既に知り合っている。彼は僕に多くのサポートを約束し、本当に僕を欲しいと思ってくれたよ。彼とプロジェクトのためにここに来た」

「僕はビッククラブでプレーするという大きな望みと共にイタリアに戻って来た。既にこのリーグでの経験があるし、良いパフォーマンスを出したい。そしてファンはいつもとても素晴らしい。彼らをハッピーにしたい」

 インテルは20日、セリエA開幕戦でサッスオーロとアウェイで対戦する。

関連記事(外部サイト)