左ひざ負傷のバイエルンDFアラバ、大事には至らず…スーパー杯で途中交代

左ひざ負傷のバイエルンDFアラバ、大事には至らず…スーパー杯で途中交代

フランクフルト戦で負傷したダヴィド・アラバ [写真]=picture alliance via Getty Images

 12日に行われたDFLスーパーカップ、フランクフルト戦で負傷したオーストリア代表DFダヴィド・アラバについて、バイエルンが状態を発表した。

 アラバはフランクフルト戦の75分、相手選手との交錯で左ひざを負傷。ピッチに倒れ込み、途中交代を余儀なくされた。

 状態が心配される中、バイエルンは13日にアラバの負傷について発表。同選手は左ひざを強く打撲しているものの、医療チームが診察を行った結果、じん帯は損傷していないことが判明したという。

 同選手は今後、治療を受けながら経過を観察することとなる。トレーニングへの復帰時期は、今後の状態を見て決定される。

 長期離脱も心配されていたアラバだが、大事には至らなかった模様だ。バイエルンは18日にDFBポカール1回戦、そして24日にブンデスリーガ開幕戦のホッフェンハイム戦に臨む。

関連記事(外部サイト)