アトレティコ加入のカリニッチ、背番号は「9」に決定…トーレスから継承

アトレティコ加入のカリニッチ、背番号は「9」に決定…トーレスから継承

アトレティコ加入が決まったカリニッチ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 アトレティコ・マドリードは13日、ミランからの完全移籍が決まったクロアチア代表FWニコラ・カリニッチの加入発表を行った。

 アトレティコ・マドリードは9日にカリニッチの獲得を発表。契約期間は3年間で、イギリスメディア『BBC』によれば、移籍金は1350万ポンド(約20億円)程度と推定されている。

 そして13日、カリニッチが加入発表に臨んだ。同選手はエンリケ・セレソ会長から背番号「9」のユニフォームを手渡され、「アトレティコ・マドリードはハードワークをして常に最大限の力を発揮するチームだ。自分はクラブに全てを捧げる」と抱負を語っている。

 昨シーズンまで所属した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(現・サガン鳥栖)の“9番”を継承し、新天地でのプレーに臨むカリニッチ。大いなる期待を背負い、リーガ・エスパニョーラ初挑戦のシーズンへ向かう。

 カリニッチは1988年生まれの30歳。2015年にフィオレンティーナに加入してセリエAデビューを果たし、同クラブでは84試合出場33得点を記録した。昨シーズンはレンタル移籍でミランに加入したものの、セリエAでは6得点にとどまった。また同選手は2008年にクロアチア代表でデビュー。通算42試合出場15得点を記録しているが、2018 FIFA ワールドカップ ロシアではチームを追放されている。

 なお、アトレティコ・マドリードにとって、カリニッチは今夏7人目の補強。15日にUEFAスーパーカップでレアル・マドリードと対戦し、20日にバレンシアとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦を迎える。

関連記事(外部サイト)