チェフ、マンC戦のミスを嘲笑ったレヴァークーゼンに「悲しい」

チェフ、マンC戦のミスを嘲笑ったレヴァークーゼンに「悲しい」

レヴァークーゼンのツイートに反論したチェフ [写真]=Getty Images

 アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフが自身の公式ツイッターでレヴァークーゼンに対してツイートした。13日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 チェフは、12日に行われたマンチェスター・Cとのプレミアリーグ開幕戦にスタメン出場した。同試合でチェフは、ボールの処理を誤ってしまい、あわやオウンゴールとなるミスを犯してしまった。今夏からアーセナルに加入したドイツ代表GKベルント・レノがかつて所属していたレヴァークーゼンは、このミスを嘲笑うかのようなツイートをした。

 チェフは「アーセナルでは、サッカーだけでなく、ビッグクラブとして重要な価値を共有している。公平な競争、プロ意識、スポーツマンシップは、若いサッカー選手が学ぶべき最大のものであり、他のクラブが同じ価値観を共有していないことは悲しい」とレヴァークーゼンに対して投稿した。

 すると、レヴァークーゼンは「やあ、ペトル。私たちは、かつての仲間であるレノのプレーが見たいという冗談のつもりだった。しかし、意図していたよりも厳しく、個人的な行動になってしまった。君と君のクラブがベストであることを祈っている。(アルゼンチン代表FW)アグエロとの1対1をセーブしたのはナイスだった」とツイートは冗談であったとし、チェフのマンチェスター・C戦でのパフォーマンスを称えた。

関連記事(外部サイト)