コヴァチ監督、レヴァンドフスキを絶賛「素晴らしいストライカー」

コヴァチ監督、レヴァンドフスキを絶賛「素晴らしいストライカー」

DFLスーパーカップでハットトリックを達成したレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images

 バイエルンを率いるニコ・コヴァチ監督が、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを絶賛した。13日、イギリス誌『FourFourTwo』が伝えている。

 12日に行われたDFLスーパーカップ(ドイツ・スーパーカップ)でフランクフルトと対戦したバイエルン。レヴァンドフスキがハットトリックを達成するなど、今夏バイエルンの新指揮官に就任したコヴァチ監督の新天地での公式戦初戦を5−0で快勝した。

 コヴァチ監督は、勝利の立役者となったレヴァンドフスキについて、「ロベルトに関して話す必要はあまりないね。彼は素晴らしいワールドクラスのストライカーだ。70分間で3得点を挙げることは簡単なことではない」と絶賛した。

 また、昨シーズン途中からバイエルンの指揮官に電撃復帰し、チームを立て直したユップ・ハインケス前監督にも感謝を口にした。

「この試合を戦えたのは、昨シーズンこのチームをブンデスリーガ制覇へと導いたユップ・ハインケスのおかげだ。素晴らしい強いチームを残してくれたことには感謝している。このようなスカッドの選手たちと一緒に仕事を行えることは楽しい。これまでの成功を続けていきたい」

 バイエルンは次戦、18日にDFBポカール(ドイツ杯)1回戦でドロホターゼン・アッセルと対戦。ブンデスリーガ開幕戦は、24日にホッフェンハイムをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)