新潟MF端山豪、栃木へ期限付き移籍「一日も早く結果で恩返しを」

新潟MF端山豪、栃木へ期限付き移籍「一日も早く結果で恩返しを」

2015年から新潟に所属している端山豪 [写真]=Getty Images for DAZN

 アルビレックス新潟に所属するMF端山豪が、栃木SCへ期限付き移籍で加入することが決まった。15日に両クラブが発表した。移籍期間は2018年8月15日から2019年1月31日までで、背番号は「20」。

 端山は1993年生まれの25歳。東京ヴェルディの下部組織出身で、ジュニアユースとユースを経て慶應義塾大学に進学した。大学3年時の2013年には東京Vで明治安田生命J2リーグ7試合に出場。2015年に新潟へ加入し、J1通算22試合出場2得点、J2では9試合出場を記録していた。今季は明治安田生命J2リーグで2試合、JリーグYBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で1試合に出場している。

 期限付き移籍にあたり、端山は新潟の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「チームの力になれず、本当に申し訳なく思っています。簡単な決断ではありませんでしたが、出場機会を求めチャレンジすることを決めました。どんなときも変わらず応援してくれたサポーターには本当に感謝しています。引き続き、アルビレックス新潟へ熱い声援をよろしくお願いいたします」

 そして、加入する栃木には以下のようにメッセージを寄せている。

「新潟から加入しました、端山豪です。こういうタイミングで話をくださった栃木SCには本当に感謝しています。一日も早く結果で恩返しができるよう、精進してまいりますので、応援をよろしくお願いいたします」

関連記事(外部サイト)