イニエスタ、2試合連続のゴラッソ! GK権田は被シュート25本も完封に成功/J1第22節

イニエスタ、2試合連続のゴラッソ! GK権田は被シュート25本も完封に成功/J1第22節

イニエスタ(中央)は2試合連続ゴール [写真]=J.LEAGUE

 15日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節で活躍した3人の選手を紹介する。

アンドレス・イニエスタ

生年月日:1984年5月11日(34歳)
身長・体重:171cm・68kg
出身地:スペイン

所属クラブ:ヴィッセル神戸
ポジション:MF
背番号:8
利き足:右
経歴:バルセロナ(スペイン)→ヴィッセル神戸

第22節:ヴィッセル神戸 1−1 サンフレッチェ広島

前節の磐田戦で華麗な反転から記念すべきJリーグ初得点をマークした稀代のMFが2試合連続ゴールを決めた。首位・広島をホームに迎えた一戦、得点ランキングでトップに立つパトリックに先制点を奪われるも、その2分後に見せ場が訪れる。ピッチ中央でボールを持った主将ルーカス・ポドルスキが右サイドのイニエスタへ展開。完璧なトラップでボールを収めると、フェイントで相手をかわして中へ切れ込み強烈なミドルシュートを突き刺した。ポドルスキとの“ホットライン”は今や神戸の新たな武器となっている。

関口訓充

生年月日:1985年12月26日(32歳)
身長・体重:171cm・66kg
出身地:東京都

所属クラブ:ベガルタ仙台
ポジション:MF
背番号:40
利き足:右
経歴:永山FC→FC多摩Jrユース→帝京高→ベガルタ仙台→浦和レッズ→セレッソ大阪→ベガルタ仙台

第22節:ベガルタ仙台 4−1 湘南ベルマーレ

立ち上がりの12分、クリアミスからOGで先制点を献上するも、その嫌な流れを自らのゴールで断ち切った。その3分後、左サイドから得意のドリブルで仕掛けてシュートを放つ。これがゴールネットに吸い込まれ、“汚名返上”の同点弾を記録。今年4月、C大阪から古巣に復帰した関口にとっては仙台の一員として約6年ぶりのゴールとなった。さらに関口は西村拓真の勝ち越し点をお膳立て。後半に入りハーフナー・マイク、蜂須賀孝治が追加点を挙げ、終わってみれば今季最多の4得点を奪い快勝。1得点1アシストで逆転勝利の立役者となった。

権田修一

生年月日:1989年3月3日(29歳)
身長・体重:187cm・83kg
出身地:東京都

所属クラブ:サガン鳥栖
ポジション:GK
背番号:20
利き足:右
経歴:さぎぬまSC→FC東京U−15→FC東京U−18→FC東京→SVホルン(オーストリア)→サガン鳥栖

第22節:川崎フロンターレ 0−0 サガン鳥栖

前年度王者・川崎との一戦で浴びたシュート数はなんと25本。強力攻撃陣を擁する川崎を無得点に封じ込め、これで3試合連続完封を達成した。ボールポゼッションでは67%と川崎が終始試合の主導権を握り、鳥栖ゴールに襲い掛かるも権田がファインセーブを連発する。終了間際には知念慶がゴールを狙うも、横っ飛びでセーブした。最後までゴールを割らせず、試合はスコアレスドロー。勝ち点1を積み上げた鳥栖は3試合負けなしで15位に浮上。次節の相手は勝ち点「22」で並ぶ16位名古屋。4連勝中と波に乗るチームを止められるか。

関連記事(外部サイト)