グアルディオラ監督、スターリングの去就に言及「彼を頼りにしている」

グアルディオラ監督、スターリングの去就に言及「彼を頼りにしている」

来季限りで契約が満了するスターリング [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cのジョセップ・グアルディオラ監督が、イングランド代表FWラヒーム・スターリングの去就について語った。

 マンチェスター・Cとスターリングの現行契約は2020年6月で満了を迎える。マンチェスター・Cは昨シーズンから契約延長交渉を行ってきたが、現段階で合意には至っていない。マンチェスター・Cは今シーズン中に新契約を締結できなかった場合、来夏に同選手を売却する方針だと報じられている。

 このような状況の中、グアルディオラ監督がスターリングとの契約延長交渉についてコメント。契約のことはクラブのスタッフに任せているものの、自身はスターリングとの新契約締結を希望していることを明かした。

「私はスポーツディレクターではないし、マネージャーですらない。私はトレーナーだ。チーム内に良い雰囲気を作って試合に勝つことを目指している。だが、マンチェスターでの今季最初の会見で言ったように、我々はラヒームに満足しているし、ここに残って欲しいと思っている」

「彼のことを頼りにしていると感じてもらえるように努力するつもりだ。我々は彼を頼りにしている。難しいシーズンを過ごした後に彼のことを助けたいと伝えた。最終的に代理人が合意しないということもあり得るかもしれないが、我々が彼を強く望んでいることは本人も代理人も分かっている」

関連記事(外部サイト)