レアル、国際大会“決勝”での敗戦は2000年以来…UEFAスーパー杯優勝逃す

【UEFAスーパーカップ】レアル・マドリードがアトレティコ・マドリードに敗れる

記事まとめ

  • UEFAスーパーカップでレアル・マドリードがアトレティコ・マドリードに2−4で敗れた
  • レアル・マドリードは国際大会の決勝で13連勝しており、敗れたのは2000年以来という
  • 連勝記録がスタートしたのは2001−2002シーズンのチャンピオンズリーグ決勝だった

レアル、国際大会“決勝”での敗戦は2000年以来…UEFAスーパー杯優勝逃す

レアル、国際大会“決勝”での敗戦は2000年以来…UEFAスーパー杯優勝逃す

UEFAスーパー杯でアトレティコに敗れたレアル・マドリードの選手たち [写真]=Getty Images

 UEFAスーパーカップが15日に行われ、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制したレアル・マドリードはヨーロッパリーグ王者のアトレティコ・マドリードに2−4で敗れた。スペイン紙『アス』によると、レアル・マドリードが国際大会の“決勝”(タイトルマッチ)で敗れたのは2000年以来のことという。

 前人未到のCL3連覇を成し遂げたレアル・マドリードだが、アトレティコ・マドリードとのUEFAスーパーカップでは延長戦の末に2−4で敗れた。フレン・ロペテギ新監督の公式戦初陣を飾れず、タイトル獲得とはならなかった。

 報道によると、レアル・マドリードは2000年11月28日に行われたインターコンチネンタルカップのボカ・ジュニアーズ戦(1−2)を最後に、国際大会の“決勝”で13連勝を果たしていた。連勝記録がスタートしたのは2001−2002シーズンのCL決勝で、レヴァークーゼンを2−1で撃破。以後、レアル・マドリードはCL決勝で5連勝、UEFAスーパーカップで4連勝、インターコンチネンタルカップとFIFAクラブワールドカップ決勝で4連勝を達成していた。

関連記事(外部サイト)