バイエルン、ドイツ杯初戦前2試合で9得点…HSV撃破に指揮官は満足

バイエルン、ドイツ杯初戦前2試合で9得点…HSV撃破に指揮官は満足

ハンブルガーSVに快勝したバイエルンの選手たち [写真]=picture alliance via Getty Images

 バイエルンが15日にハンブルガーSV(HSV)とのテストマッチに臨み、4−1で快勝した。12日に行われたDFLスーパーカップのフランクフルト戦では5−0と勝利を収めており、直近2試合で計9得点。早くも強さを誇示している。

 バイエルンの公式HPによると、ニコ・コヴァチ監督はハンブルガーSV戦の後、「面白い試合だった。両チームにチャンスがあったね。私は満足しているよ。我々にとって良い試合だったし、4ゴールを奪った。素晴らしいよ」とチームを称賛している。

 ハンブルガーSV戦ではドイツ代表FWトーマス・ミュラーと同FWザンドロ・ヴァーグナーが各2得点を記録した。ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキら複数の主力メンバーが出場しなかった一戦で、チームの総合力を見せつけた形となった。

 なお、同試合にはハンブルガーSVのDF酒井高徳とFW伊藤達哉も先発出場。酒井は30分にPKを与えるファウルを犯し、61分に交代した。伊藤は前半のみのプレーで、ハーフタイムに交代している。

 直近2試合で9得点を奪い、上々の仕上がりを見せているバイエルン。18日にDFBポカール1回戦、そして24日にブンデスリーガ開幕戦のホッフェンハイム戦に臨む。

関連記事(外部サイト)