J2新潟が中盤補強…大宮MFカウエを期限付きで獲得「必ずチームの力に」

J2新潟が中盤補強…大宮MFカウエを期限付きで獲得「必ずチームの力に」

新潟への期限付き移籍が決まったカウエ [写真]=Getty Images for DAZN

 大宮アルディージャのブラジル人MFカウエが、アルビレックス新潟に期限付き移籍する。両クラブが16日に発表した期限付き移籍期間は2018年8月15日から2019年1月1日まで。契約により、同選手は大宮と対戦する全ての公式戦に出場することができない。

 移籍決定を受け、カウエは大宮のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターにメッセージを送った。

「ファン・サポーターをはじめ、チームを支えてくださる皆さんが、どんなときも自分をサポートしてくれたことに感謝しています。ケガもあり、なかなかチームに貢献できないときも、温かく応援してくださいました。今回、アルビレックス新潟へ期限付き移籍をしますが、お別れではありません。必ず活躍して、また戻ってきたいと思います。大宮アルディージャ、ありがとうございました。頑張ってきます!」

 また、同選手は新天地となる新潟のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込みを述べている。

「はじめまして。大宮アルディージャから来ました、カウエです。このチャンスをくださったアルビレックス新潟に、プレーで貢献できるように頑張っていきます。ファン・サポーターの皆さん、たくさんの応援をよろしくお願いします。必ずチームの力になり、チームの勝利のために頑張ります!」

 カウエは1989年5月24日生まれの現在29歳。昨季途中にモレイレンセ(ポルトガル)から大宮へ加入した。2017明治安田生命J1リーグでは14試合出場1得点を記録したが、今季はJ2リーグ戦でここまで出場機会なし。第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会で2試合に出場したのみとなっている。

 新潟はここまでJ2リーグ戦28試合を終え、8勝5分け15敗の勝ち点「29」で19位に沈んでいる。上位進出に向け、カウエには大きな期待が掛かる。

関連記事(外部サイト)