クロース、家族が代表でのプレー続行を希望「息子のお願いを断るのは…」

クロース、家族が代表でのプレー続行を希望「息子のお願いを断るのは…」

ドイツ代表でプレーするクロース [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロースが、代表でのプレー継続を決断した理由について語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が16日に伝えている。

 現在28歳のクロースはバイエルンでキャリアをスタートし、2014年にレアル・マドリードに加入。昨シーズンはリーグ戦27試合に出場し、5ゴールを記録。2018 FIFAワールドカップ ロシアでもドイツ代表に選出され、全3試合に出場。第3戦ではスウェーデン代表を相手にフリーキックを決め、逆転勝利に貢献した。

 クロースはドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督への感謝を述べ、家族の応援があったことを明かした。

「代表に残るためにレーヴ監督が努力してくれた。いい解決策を見つけることができたよ。必要な休養も貰えた。監督には感謝している」

「妻からエールをもらった。息子もドイツ代表でのプレー継続を願っていた。彼はレアル・マドリードとドイツ代表のファンなんだ。息子のお願いを断るのは難しかったよ」

関連記事(外部サイト)