栃木がFW補強、鹿児島のアレックスが期限付き加入…今季は5試合に出場

栃木がFW補強、鹿児島のアレックスが期限付き加入…今季は5試合に出場

栃木SCがFWアレックスの加入を発表した

 鹿児島ユナイテッドFCに所属するブラジル人FWアレックスが、栃木SCへ期限付き移籍で加入することが決まった。17日に両クラブが発表した。移籍期間は2019年1月31日までで、背番号は「49」。

 アレックスは1993年生まれの25歳。2012年に湘南ベルマーレに加入し、明治安田生命J2リーグで2試合に出場した。ブラジルへ帰国して3クラブでプレーした後、2016年には福島ユナイテッドFCへ加入。2シーズンで明治安田生命J3リーグ通算33試合出場7得点を記録し、今季開幕前に鹿児島へ移籍した。だが今季は明治安田生命J3リーグで4試合出場、天皇杯で1試合出場1得点にとどまっていた。

 期限付き移籍にあたり、アレックスは鹿児島の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「この度シーズン途中ではありますが、栃木SCに移籍することになりました。いつも声援を送って頂き一緒に戦ってくれたサポーターの皆様、選手の仲間のみんな、監督やスタッフの方々、そして約6カ月と短い間でしたが、鹿児島ユナイテッドFCでプレーをする機会を与えて頂いたクラブの強化部そして関係者の皆様本当にありがとうございました」

「中々クラブに貢献できない中こういった決断をするのは難しかったですが、栃木SCで成長してまたこの素晴らしいサポーターの皆さまの前で鹿児島ユナイテッドFCの力になれるよう頑張って来ます。なので、さよならは言いません。また皆様に会える日を楽しみにしています」

 そして、加入する栃木には以下のようにメッセージを寄せている。

「鹿児島ユナイテッドFCより移籍してきましたアレックスです。チームの目標を一緒に達成してサポーターの皆様に喜びを与えられるよう、全力を尽くして貢献していきます。宜しくお願いします」

関連記事(外部サイト)