ゼニトがEL予選3回戦で大逆転。第1戦4失点で完敗も…第2戦8得点奪い大勝

ゼニトがEL予選3回戦で大逆転。第1戦4失点で完敗も…第2戦8得点奪い大勝

大逆転でEL予選3回戦を突破したゼニト(写真は2018年8月4日のもの) [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦セカンドレグが16日に行われ、ゼニト(ロシア)が8−1でディナモ・ミンスク(ベラルーシ)を下した。

 9日に敵地で行われたファーストレグを0−4で敗れていたゼニト。しかし、ホームで行われたセカンドレグでは攻撃陣が爆発した。

 前半22分にレアンドロ・パレデスの直接FKで先制すると、66分にもクリスティアン・ノボアの直接FKで2点差に詰め寄る。だが、72分にパレデスが2枚目のイエローカードをもらい退場に。追いかけるゼニトが一人少ない状況となった。

 しかし、ゼニトの勢いは止まらない。75分、78分と立て続けにアルテム・ジュバのゴールが決まり、2戦合計スコア4−4として試合を振り出しに戻した。このまま90分は終了した。

 延長に入り99分、ディナモ・ミンスクのセイドゥ・ヤハヤにゴールを許し、痛恨のアウェイゴールを献上したゼニト。突破には2点が必要となったが、延長後半に反撃をみせる。

 109分にセバスティアン・ドリウッシがこぼれ球を押し込んで1点返すと、115分にはPKを獲得。これをジュバが真ん中に決め、2戦合計スコア6−5として、ゼニトが逆転に成功した。その後2点を追加したゼニトはセカンドレグを8−1で快勝。2戦合計スコアも8−5としてプレーオフ進出を決めた。

【スコア】
ゼニト 8−1 ディナモ・ミンスク

【得点者】
ゼニト:パレデス(22分)、ノボア(66分)、ジュバ(75分、78分、115分/PK)、ドリウッシ(109分)、マク(120+1分/PK、120+3分)
ディナモ・ミンスク:ヤハヤ(99分)

関連記事(外部サイト)