川崎に新戦力、長身MFカイオ・セザールが加入「一緒に成長していけたら」

川崎に新戦力、長身MFカイオ・セザールが加入「一緒に成長していけたら」

カイオ・セザールが川崎に加入 [写真]=Getty Images

 川崎フロンターレは17日、トンベンセ(ブラジル)に所属する同国人MFカイオ・セザールの完全移籍加入が決まったと発表した。契約期間は2018年8月7日〜2019年1月1日で、背番号は「44」。

 カイオ・セザールは1995年生まれの23歳。身長193センチメートルの長身MFで、ヴィラ・ノヴァFC、アヴァイFC、トンベンセと国内クラブを渡り歩いてきた。川崎は公式HPのプロフィールページにて以下のように紹介している。

「足下の技術や展開力、体の幅を生かした懐の深さが特徴の大型MF。ブラジルではボランチ、トップ下、ワイドと、中盤の様々なポジションでプレー。パスアンドゴーの動きで中盤からボールを運ぶプレースタイルは、フロンターレにうってつけ。日本のサッカーのテンポに順応できれば大きく飛躍する可能性を秘めている」

 初の国外移籍となるカイオ・セザール。川崎加入にあたり、以下のようにコメントしている。

「川崎フロンターレという素晴らしいクラブでプレーをする機会をいただけたこと、すごく嬉しく思っています。とにかくクラブのため、サポーターの皆さんのために自分は精一杯プレーしますので、皆さんと一緒に成長していけたらいいなと思っています。よろしくお願いします」

 川崎は今季、明治安田生命J1リーグ第22節終了時点(1試合未消化)で12勝4分け5敗、勝ち点「40」で2位につけている。次節は19日、9ポイント差で首位のサンフレッチェ広島とのアウェイゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)