「全く問題はない」…モウリーニョ監督がポグバとの関係悪化を全面否定

「全く問題はない」…モウリーニョ監督がポグバとの関係悪化を全面否定

モウリーニョ監督(左)がポグバ(右)との関係悪化を否定した [写真]=Getty Images

 フランス代表MFポール・ポグバとの関係悪化が報じられるマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督だが、この噂をキッパリと否定している。イギリスメディア『BBC』が17日付で同監督のコメントを伝えた。

 両者を巡っては、ポグバが「もし幸せでなければ、ベストは尽くせない。言ってはいけないことがあるんだ。もしそれを言ってしまえば、僕は罰金を科される」と発言したことにより、関係の悪化が報じられていた。こうした背景もあり、バルセロナへの移籍も継続して噂されている。これに対し、モウリーニョ監督は報道された内容を全面的に否定した。

「彼(ポグバ)は良くやっているよ。ファンやチームのためにね。それは、私が望んでいることだ。彼にこれ以上のものを求めることはできない」

「我々はこれまで2年間と2週間ほど一緒にやってきたけれども、今ほど幸せそうな彼を私は見たことがないね。これが事実だ。彼ときつい言葉を交わしたことなんてない。全てをリスペクトしている。全く問題はないよ」

 モウリーニョ監督はこのように語り、2人の間に問題がないことを強調した。はたして、事態は収拾へと向かうだろうか。

関連記事(外部サイト)