チェルシー、残留したウィリアンに新契約提示…異例の2年延長か

チェルシー、残留したウィリアンに新契約提示…異例の2年延長か

新契約がオファーされたとされるウィリアン [写真]= Getty Images

 チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンに同クラブが契約延長のオファーをするようだ。イギリス紙『メトロ』が17日付で報じた。

 同紙によると、チェルシーはウィリアンに対して、2年間の契約延長を希望し新契約をオファーするようだ。新契約は、現在の週給12万ポンド(約1600万円)から20パーセントほど昇給する見込みとなっている。

 チェルシーは30歳を過ぎた選手と単年契約しか結ばない方針をとっており、今回の契約更新が行われた場合、極めて異例のこととなる。また、今シーズンからチェルシーの指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督もウィリアンを高評価しており、クラブに対し残り2年の契約を残す同選手との契約更新を希望しているとみられている。

 ウィリアンは今夏、マンチェスター・Uやバルセロナへの移籍が取り沙汰されていたが、前監督のアントニオ・コンテ氏がチェルシーを去ったことで、チェルシー残留を決めている。

関連記事(外部サイト)