栃木、MF和田達也が全治8カ月の大ケガ…左ひざ前十字じん帯を断裂

栃木、MF和田達也が全治8カ月の大ケガ…左ひざ前十字じん帯を断裂

全治8カ月の大ケガを負った和田達也(左) [写真]=Getty Images for DAZN

 栃木SCは18日、MF和田達也の負傷について発表した。

 和田は、7月29日の2018明治安田生命J2リーグ第26節・ツエーゲン金沢戦に先発出場したものの、左ひざを痛めて試合開始から19分でベンチに退いていた。検査の結果、同選手は左ひざ前十字じん帯断裂と診断されている。近日中に手術を行い、復帰までは8カ月を要する見込み。

 現在24歳の同選手は、今季ここまでJ2リーグ戦17試合に出場していた。

 

関連記事(外部サイト)