レアル、ネイマール獲得を諦めず…PSGはFFP制裁によって放出の可能性

レアル、ネイマール獲得を諦めず…PSGはFFP制裁によって放出の可能性

レアルからの関心が報じられるネイマール [写真]= Getty Images

 レアル・マドリードは、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの獲得を諦めていないようだ。イギリス紙『エクスプレス』が17日付で伝えている。

 現在、パリ・サンジェルマンは、欧州サッカー連盟(UEFA)制定のファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反が指摘され、最終決定を待っている。仮に、違反の制裁を受けた場合、ネイマールをはじめ、高額で獲得した選手らの売却が必要になってくるようだ

 そこに着目したレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、ネイマールの獲得費用として3億ユーロ(約379億)に及ぶ巨額資金を用意していると同紙は伝えている。

 フレン・ロペテギ監督を新たに迎え、新体制を発足させたレアル・マドリードは、今夏の移籍市場でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユヴェントスに放出。後釜としてチェルシーのベルギー代表エデン・アザールやネイマールといったスター選手が候補に挙げられていた。果たして、ネイマールはマドリードに活躍の場を移すのだろうか、注目が集まっている。

関連記事(外部サイト)