王者フランクフルトが1回戦敗退の波乱…長谷部フル出場も4部相手に敗戦

王者フランクフルトが1回戦敗退の波乱…長谷部フル出場も4部相手に敗戦

昨年王者のフランクフルトがまさかの1回戦敗退 [写真]=Bongarts/Getty Images

 DFBポカール1回戦が18日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトはウルム(4部)と対戦し、1−2で敗れた。

 フランクフルトは昨シーズン、30年ぶりにDFBポカールを制覇。今シーズンは王者として臨んだが、4部クラブにジャイアントキリングを許し、1回戦敗退となった。長谷部は3バックの中央でフル出場。鎌田はメンバー外だった。

【スコア】
ウルム 2−1 フランクフルト

【得点者】
1−0 48分 ステファン・キーンレ(ウルム)
2−0 75分 ビタリ・ルクス(ウルム)
2−1 90分 ゴンサロ・パシエンシア(フランクフルト)

【スターティングメンバー】
フランクフルト(3−4−3)
レノウ;アブラーム、長谷部、サルセド(78分 ミュラー);ダ・コスタ、トロ(83分 パシエンシア)、デ・グズマン、ウィレムス(70分 ブラム);ヨヴィッチ、ハラー、ガチノヴィッチ

関連記事(外部サイト)