開幕戦から2連敗のアーセナル、指揮官は「改善しなければならない」

開幕戦から2連敗のアーセナル、指揮官は「改善しなければならない」

アーセナルのウナイ・エメリ監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルのウナイ・エメリ監督は、敗れたチェルシー戦後、改善の必要性を強調した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が18日に伝えている。

 18日、プレミアリーグ第2節でアーセナルとチェルシーとの“ビッグロンドンダービー”が行われた。開幕戦でマンチェスター・Cに敗れていたアーセナルは、この日2点のビハインドから同点に追いついたが、終盤に勝ち越し点を奪われ2−3で敗れた。

 開幕2連敗を喫したアーセナルのエメリ監督は試合後、落ち着いていると主張しつつ、改善しなければならないことを話した。

「我々は改善しなければならない。そして毎試合で奮闘し、試合から学ばなければない。我々は若い選手も含めて改善し続け、ディフェンスとオフェンス両面でバランスをとり続ける必要がある」

「今日我々は2人の若いMFで試合を終えた。19歳のマテオ・ゲンドゥージと22歳のルーカス・トレイラだ。チームはチャンスをつくることができた。私は落ち着いているよ。チェルシーが3つのチャンスを成功させたことは分かっているが、私は冷静だ」

「私は選手を落ち着かせる必要があると思う。これから仕事を続けるためには、私たちは改善する必要があることも私は知っている。選手にもっとハードワークさせる必要があることもわかっているが、私にとってはマンチェスター・C戦よりポジティブな内容だったと思う」

「もっとオフェンスとディフェンスのバランスを取っていきたい。そして、後半にボールとポジショニングをコントロールしなければならないと思う」

 初勝利を目指すアーセナルは25日にホームでウェストハムと対戦する。

関連記事(外部サイト)