遠藤の2試合連続ゴールで鹿島が連勝! 横浜FMの久保建英はベンチ入りも出番なし

遠藤の2試合連続ゴールで鹿島が連勝! 横浜FMの久保建英はベンチ入りも出番なし

セルジーニョが移籍後初出場 [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第23節が行われ、鹿島アントラーズと横浜F・マリノスが対戦した。

 ホームの鹿島は今夏新加入のセルジーニョが初スタメン。鈴木優磨は2試合ぶりの先発となった。対する横浜FMは178試合連続でフル出場中の中澤佑二が欠場。前節から3バックを導入しており、右から栗原勇蔵、ドゥシャン、新加入のチアゴ・マルチンスという並びとなった。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半立ち上がりの49分に得点が生まれる。最終ラインからのロングフィードを鈴木と栗原が競り合う。こぼれ球を拾った遠藤康が左足で強烈なシュート。GK飯倉大樹が反応するも、ボールはゴールネットに吸い込まれた。

 試合は1−0で終了。遠藤の2試合連続ゴールで鹿島は2連勝。横浜FMは2連敗となった。なお、FC東京から期限付き移籍で加入した久保建英はベンチ入りしたものの、出番はなかった。次節、鹿島は24日(金)にホームでジュビロ磐田、横浜FMは26日(日)にアウェイでヴィッセル神戸と対戦する。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1−0 横浜F・マリノス

【得点者】
1−0 49分 遠藤康(鹿島)

【スターティングメンバー】
鹿島アントラーズ(4−4−2)
曽ヶ端準:伊東幸敏、犬飼智也、チョン・スンヒョン、山本脩斗:レオ・シルバ、三竿健斗、永木亮太(87分 安西幸輝)、遠藤康(76分 金森健志):鈴木優磨、セルジーニョ(67分 土居聖真)

横浜F・マリノス(3−4−3)
飯倉大樹:ドゥシャン、栗原勇蔵、チアゴ・マルチンス(80分 中町公祐):扇原貴宏、山田康太(59分 ウーゴ・ヴィエイラ)、松原健(59分 イッペイ・シノヅカ)、山中亮輔:大津祐樹、天野純、伊藤翔

関連記事(外部サイト)