仙台のエース西村、3戦連発で日本人トップの11得点目…守田は首位攻防戦で躍動/J1第23節

仙台のエース西村、3戦連発で日本人トップの11得点目…守田は首位攻防戦で躍動/J1第23節

仙台の西村(上)は今季11得点目 [写真]=J.LEAGUE

 19日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節で活躍した3人の選手を紹介する。

白井康介

生年月日:1994年5月1日(24歳)
身長・体重:165cm・63kg
出身地:愛知県

所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌
ポジション:MF
背番号:19
利き足:右
経歴:FC豊橋リトルJセレソン→FC豊橋デューミラン→大阪桐蔭高→湘南ベルマーレ→福島ユナイテッドFC→湘南ベルマーレ→愛媛FC→北海道コンサドーレ札幌

第23節:北海道コンサドーレ札幌 3−2 FC東京

前半はFC東京に2点を先行される苦しい展開を受け、ペトロヴィッチ監督は後半開始から白井を送り出す。持ち味の推進力で右サイドを活性化させると、試合は徐々に札幌ペースに。53分に都倉の得点でまずは1点を返すと、66分には左サイドの菅を下げて早坂を投入。早坂が右サイドに入り、白井は左サイドにポジションを変えた。するとその直後の68分、相手DFのクリアミスを見逃さなかった白井がインスイングでコースを狙ったシュートを突き刺す。今季リーグ戦の出場はわずか4試合。総プレー時間69分と出場機会に飢えていた男に待望のJ1初ゴールが生まれた。白井の同点弾でさらに勢いを増した札幌はチャナティップが逆転ゴールを決め、4試合ぶりに勝ち点3を獲得した。

西村拓真

生年月日:1996年10月22日(21歳)
身長・体重:178cm・72kg
出身地:愛知県

所属クラブ:ベガルタ仙台
ポジション:FW
背番号:30
利き足:右
経歴:名東クラブジュニア→名東クラブJrユース→富山第一高→ベガルタ仙台

第23節:ベガルタ仙台 2−1 ガンバ大阪

G大阪をホームに迎えた一戦、1点ビハインドの54分に左サイドからの崩しから西村が同点ゴールを叩き込む。その直後の57分には相手のOGで勝ち越しに成功し、仙台は今季初の3連勝を飾った。その原動力となっているのが、3戦連発中の新エース西村だ。中断明けからの8試合で5得点をマーク。そして、今節のゴールで通算得点数を「11」に伸ばし、得点ランキングでは小林(川崎)と並んで日本人トップに君臨する。昨年はルヴァン杯のニューヒーロー賞を受賞し、今年は自身初のリーグ戦2桁得点を達成。飛躍中のストライカーに対して、渡邉監督は「満足することなく、次々と欲張ってもらえれば」とさらなる成長に期待を寄せる。日本代表入り近くも実現しそうだ。

守田英正

生年月日:1995年5月10日(23歳)
身長・体重:177cm・74kg
出身地:大阪府

所属クラブ:川崎フロンターレ
ポジション:MF
背番号:25
利き足:右
経歴:高槻清水FC→高槻第九中→金光大阪高→流通経済大→川崎フロンターレ

第23節:サンフレッチェ広島 1−2 川崎フロンターレ

昨季までは大島とエドゥアルド・ネットのボランチコンビが“鉄板”だった川崎。そのエドゥアルド・ネット(現名古屋)からポジションを奪ったのが、大卒ルーキーの守田だ。第13節から10試合連続で先発出場を重ねており、大島とともに王者の中盤を支えている。首位を独走する広島との重要な一戦、1点ビハインドの63分に右サイドを駆け上がったエウシーニョへ絶妙なパス。抜け出したエウシーニョのクロスを小林が押し込んだ。守田が起点となり同点に追いつくと、77分には小林がPKを決めて、2位の川崎が逆転優勝に望みをつなぐ勝利を収めた。守田は先発フル出場を果たし、走行距離ではチームトップの11.1キロを記録。粘り強い守備に加えて、攻撃面でも存在感を示しつつある。

関連記事(外部サイト)