2位の川崎、首位・広島に逆転勝利! 小林悠の2ゴールで首位攻防戦を制す

2位の川崎、首位・広島に逆転勝利! 小林悠の2ゴールで首位攻防戦を制す

広島vs川崎の首位攻防戦が開催された [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第23節が行われ、サンフレッチェ広島と川崎フロンターレが対戦した。

 互いに一歩も譲らずに攻め続けていたが、先に絶好機を作ったのは広島だった。37分、柏好文が左サイドの敵陣深くからクロスを供給すると、登里享平と競り合いながらパトリックがヘディングシュート。惜しくも枠の左へ外れたが、得点ランキングトップのパトリックが存在感を見せた。

 そして56分、敵陣右サイドのゆったりしたパス回しから、柴崎晃誠が抜け出してクロスを上げた。相手DFと競りながらも、パトリックがヘディングシュートを流し込み、貴重な先制点を奪った。

 しかし、川崎も負けていない。63分、後方からの縦パスに反応したエウシーニョが、タイミングよく抜け出し、ペナルティエリア右からダイレクトでクロス。小林悠が相手DFを一瞬振り切り、エースが貴重な同点弾を叩き込んだ。

 さらに78分、相手が敵陣ペナルティエリア内でハンドしてしまい、川崎にPKが与えられた。これを小林が冷静に決め、逆転に成功。再びエースが仕事を果たした。

 このまま試合は終了し、首位攻防戦は川崎に軍配が上がった。次節、広島はアウェイでセレッソ大阪と、川崎はホームでベガルタ仙台と25日に対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1−2 川崎フロンターレ

【得点者】
1−0 56分 パトリック(広島)
1−1 63分 小林悠(川崎)
1−2 78分 小林悠(PK/川崎)

【スターティングメンバー】
サンフレッチェ広島(4−4−2)
林卓人:和田拓也、野上結貴、千葉和彦、佐々木翔:柴ア晃誠(78分 川辺駿)、青山敏弘、稲垣祥、柏好文(69分 吉野恭平):パトリック、渡大生(65分 ティーラシン)

川崎フロンターレ(4−2−3−1)
チョン・ソンリョン:エウシーニョ、谷口彰悟、車屋紳太郎、登里享平:守田英正、大島僚太、中村憲剛(85分 知念慶)、家長昭博、阿部浩之(88分 鈴木雄斗):小林悠(90+3分 田坂祐介)

関連記事(外部サイト)