浦和DF槙野、史上100人目のJ1通算300試合出場達成「これからも全力で」

浦和DF槙野、史上100人目のJ1通算300試合出場達成「これからも全力で」

100人目の達成者となった槙野智章 [写真]=Getty Images

 浦和レッズのDF槙野智章が、8月19日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第23節清水エスパルス戦で、J1通算300試合出場を達成した。

 槙野は清水戦で先発出場。2−3で迎えた72分には、バックヘッドシュートで今季4点目を決め、チームの引き分けに最終ラインから貢献した。

 現在31歳の槙野は、広島県広島市出身。サンフレッチェ広島の育成組織から2006年にトップチームに昇格し、守備だけではなく、攻撃面でも活躍するDFとして注目を集めた。

 2011年にはブンデスリーガ(ドイツ1部)のケルンに移籍。そして、2012年に浦和レッズに加入すると、ルヴァンカップ優勝、AFCチャンピオンズリーグ優勝などに大きく貢献した。

 J1では広島で127試合、2012年に加入した浦和で173試合に出場。2006年12月2日にサンフレッチェ広島でJ1デビューしてから足掛け12年目の記録達成となった。なお、J1通算300試合出場達成者は、槙野が100人目。

 同選手は浦和レッズのクラブ公式HPでコメントを綴っている。

「300試合ということですが、プロに入って、たくさんの人のサポートを受けてここまで来ることができました。なによりこのクラブに来て、たくさんの試合に出させてもらっていますので、選手、ファン・サポーターのみなさん、そして、スタッフのみなさんに感謝しなければいけません」

「そして、僕らもピッチで熱い戦いを見せられるようプレーしていますが、ファン・サポーターのみなさんはホーム・アウェイ多くの時間とお金をかけて、スタジアムを真っ赤に染めてくれています。そうした人たちに笑顔で帰ってもらえるよう、これからも全力で戦っていきたいと考えています」

関連記事(外部サイト)